電子タバコで禁煙ができるのは本当か

電子タバコとは、様々な香料などが添加されたリキッドと呼ばれる液体を、タバコ型のカートリッジに入れ、内臓のバッテリーで加熱し、水蒸気となったものを吸って楽しむ嗜好品です。タバコと形状が似ていますが、タバコの場合は、原料の葉を紙で巻いたものに火をつけて煙を吸います。タバコに含まれるニコチンが原因で、吸っている人自身が呼吸器系の病気を引き起こしたり、周囲の人に副流煙を吸い込ませ、発病させてしまう可能性があります。また、依存性がありますので、やめようとしても禁煙に失敗してしまいがちです。日本で販売されている電子タバコのリキッドは、ニコチンを含むものは販売が禁じられていますので、依存性のある有害な物質はタバコに比べて少ないでしょう。口さみしい時は、タバコの代わりに電子タバコを取り入れることで、徐々に本数を減らしていくことができ、最終的には禁煙できる可能性が高くなります。フルーツ系の香りやミント系の香りなど、爽やかな香りのリキッドもありますので、気分転換に使い分けるといいでしょう。

普通のタバコと電子タバコの違い

ここ最近タバコの値段が上がり、禁煙の場所も増えて愛煙家の方は肩身が狭くなってきているのが現状です。ただ、タバコは健康に関して1つもいいことがありませんし、周りの方にも副流煙という形で害を与えてしまいますので、吸わない方からすれば迷惑な話です。そこでタバコは吸いたいけど、自分にも周りにも迷惑をかけたくない方におすすめなものが電子タバコです。これはニコチンやタールといった有害物質を使っていないので健康に優しく、中毒になる心配もありません。原理としてはグリセリンを主成分とした液体が入っており、それが熱によって気化します。その状態で電子タバコを吸うと冷たい空気が流れこみ、気化した液体が蒸気となって霧散します。また、液体の香りには普通のタバコの味からお菓子の味など、多くの種類があり飽きません。普段普通のタバコを吸っている方も一度試してみてはいかがでしょうか。

趣向品としての使用が増加傾向の電子タバコ

欧米では、非常に普及率も高く趣向品としてのポジショニングが定着した感がある、「電子タバコ(VAPE)」ですけれども、日本に於きましては、まだ禁煙する為のタバコの代替え品的な物という、ポジショニングとして捉えている方が、多いというような実情があります。しかしながら最近では、徐々に欧米のように、趣向品として楽しむものという感覚で、使用する方の数が増加傾向となっています。その理由としまして考えられますのは、東京を中心に電子タバコ(VAPE)専門ショップなども、続々と開業しているという事や、ファッショナブルなデザインの製品が増えた事、リキッドのフレーバーの種類が、あらゆる層に受け入れられるだけの、バリエーション化に成功した事などが挙げられます。今後は、益々趣向品としての使用を目的とする方が、増加していくと考えられます。

ニコチンありとニコチンなしが選べるリキッド!イギリス製の信頼できる種類豊富なリキッドを取り揃えてます タールがないため、肺や部屋が黄色くならずに周りに迷惑もかけす、体に害のある発がん性のある物質が少ない 有名ブランドのVAPEを安心したサイトで購入可能 初めての方にも分かりやすいスターターキッドは6600円(海外送料別途2400円)から扱っております。 電子タバコなら注目ブランドのリバティフライツで!